[2023]子供の低体重(5歳未満,女児,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)

健康

子供の低体重(5歳未満、女児、全体比、世界各国)とは、成長段階で年齢に対して適切な体重に達しておらず、女児の場合に限定した指標です。これは、平均的な同年齢の女児の体重と比較して、実際の体重が著しく不足していることを示します。低体重の主な要因は、栄養不足や健康問題です。国や地域ごとに女児の低体重の割合は異なり、経済的な問題や栄養不足などが影響しています。このデータは、子供たちの健康と栄養状態を評価し、必要な介入や支援策を検討する際に利用されます。女児の低体重割合の比較を通じて、世界的な子供たちの健康に対する理解を深める手助けとなります。

データ総合

グラフ

プレビューでG7を選択すると各国のデータが1991年から2018年まで全データを散布図で表示できます。G7の中で現在、子供の低体重が最大となっているのは日本の3.3%です。最も古い2010年では3.3%となっていました。最新の伸び率を計算すると0%程となります。一方、G7で全体の平均は1991年では1.1%でしたが、2018年では0.3%となっています。平均の伸び率を各年で計算すると、最も古い1991年の次の年は-9.09%であり、現在は-76.9%に変化しています。(数値はすべて有効数字3桁)

プレビューでG7を選択すると各国のデータが1991年から2018年まで全データを散布図で表示できます。

同様に、G20を選択すると各国のデータが1988年から2021年まで全データを散布図で表せます。G20で現在2020年の子供の低体重は最大がインドの30.6%です。インドは2006年のデータは-11%でした。現在の伸び率を計算すると-11%となります。一方、G20全体で1988年の平均は10.9%でしたが、現在は3.6%となっています。各年の平均の伸び率を計算すると、1988年の翌年は42.7%ですが、現在は-79.3%と計算されます。

同様に、G20を選択すると各国のデータが1988年から2021年まで全データを散布図で表せます。

次に、世界各国を選択すると各国のデータを各年ごとに棒グラフで表示できます。見やすくするため、それぞれの年で値が高い順に7ヵ国の国だけを表示し、また、グラフ化の期間も限定しています。記録がある国だけで平均値などを計算すると、例えば2021年はデータの数は15となっています。そうして、各国の子供の低体重を平均すると1986年は10.7%でした。現在は一国当りの平均が12.2%となっています。同様に中央値を計算すると1986年は10.7%、現在は12.8%になっています。また、各年の平均の伸び率を計算すると、1986年の次は-1.86%でしたが、現在は-13.5%になっています。

次に、世界各国を選択すると各国のデータを各年ごとに棒グラフで表示できます。

これまでの傾向

女児の5歳未満の低体重に関する傾向と問題点は次の通りです: 傾向: 途上国で高率: 途上国では女児の低体重が一般的で、主に栄養不良や母子保健の不足に起因しています。 教育と健康の相関: 女児の低体重は教育機会制約と相関し、健康格差と教育格差が連動しています。 文化的要因: 社会的および文化的要因が影響し、女児への栄養配慮が男児に比べて不足している場合があります。 問題点: 女児への不平等: 女児の低体重は女性差別や不平等の一環として、女児の生活と未来に影響を及ぼしています。 社会経済的影響: 女児の低体重が成長と学習に影響を与え、経済的にも負担がかかります。 持続可能な開発への障害: 教育機会制約と健康の不均等が、持続可能な開発目標の達成に対する障害となります。 女児の低体重問題に対処するためには、栄養改善、母子保健強化、ジェンダー平等の促進、文化的認識の変革が必要です。女児への平等なアクセスと支援が重要です。

これからの予想

女児への平等な栄養提供: ジェンダー平等意識の高まりにより、女児への適切な栄養が増加し、女児の低体重が減少するでしょう。 母子保健の強化: 母子保健サービスの拡充により、妊娠中と出生後の適切なケアが提供され、女児の健康が向上するでしょう。 教育と啓発: 教育プログラムとコミュニティ啓発活動が女児の栄養に関する知識を広め、低体重を減少させる役割を果たします。 国際協力: 国際機関とNGOの協力により、途上国での女児の低体重に対する支援が増え、持続可能な開発目標の達成に寄与するでしょう。 これらの取り組みにより、将来の展望では女児の低体重の減少と、女児の健康と未来への投資が増加することが期待されます。

データ参照元

世界銀行から各国の人口のデータをCSV, XML, EXCEL形式から選択して世界の全データが一度にダウンロードできます[1]。この記事のはこのサイトのデータを基にグラフや表を描画しています。ライセンスはCC BY 4.0で比較的自由に利用できます。データの参考元は以下のようにUNICEFなどのデータを参照しています。

UNICEF, WHO, World Bank: Joint child Malnutrition Estimates ( JME ). Aggregation is based on UNICEF, WHO, and the World Bank harmonized dataset ( adjusted, comparable data ) and methodology.[1]

栄養不良の子供たちは感染症に対する抵抗力が低く、下痢性疾患や呼吸器感染症などの一般的な小児疾患で死亡する可能性が高くなります。頻繁な病気は生き残った人々の栄養状態を奪い、彼らを病気の再発と成長の鈍化という悪循環に閉じ込めます(ユニセフ)。推定値は全国調査データからのものです。軽度の低体重でも死亡リスクが高まり、子供の認知発達が阻害されます。そして、栄養失調の女性は低出生体重児を産む可能性が高いため、この問題は世代を超えて存続します。発育阻害、つまり年齢の平均身長を下回っていることは、多面的な貧困の代用として、また栄養失調の長期的な変化の指標としてよく使用されます。

引用

[1] The World Bank – Prevalence of underweight, weight for age, female (% of children under 5)

ライセンス

CC BY 4.0

まとめ(最新データ)

子供の低体重(2021)

エリトリア:39.9%, イエメン:39%, ニジェール:32.5%, スーダン:31.5%, インド:30.6%, 東ティモール:30.2%, ジブチ:28.1%, パプアニューギニア:26.6%, ブルンジ:25.9%, 南スーダン:24.5%, ネパール:23.9%, バングラデシュ:22.9%, パキスタン:22.1%, フィリピン:21.3%, マダガスカル:20.8%, ソマリア:20.7%, ラオス:20.6%, コンゴ民主共和国:20.4%, スリランカ:20.4%, 中央アフリカ共和国:20.2%, エチオピア:19.4%, アフガニスタン:18.7%, チャド:18.5%, ミャンマー:17.9%, アンゴラ:17.1%, コモロ:16.6%, インドネシア:16.6%, ソロモン諸島:16.1%, ブルキナファソ:15.9%, ベナン:15.8%, モルディブ:15.4%, ギニアビサウ:15.3%, マリ:15.1%, ナイジェリア:15%, ギニア:14.9%, カンボジア:14.6%, トーゴ:14.3%, コートジボワール:13.8%, モザンビーク:13.5%, タンザニア:13.5%, グアテマラ:12.8%, セネガル:12.7%, マレーシア:12.6%, モーリタニア:12.5%, ブータン:12%, マラウイ:11.4%, ナミビア:11.4%, オマーン:11.4%, シエラレオネ:11.4%, ベトナム:11.4%, ボツワナ:11.2%, コンゴ:11.2%, ガーナ:11%, リビア:10.5%, ガンビア:10.4%, リベリア:10.4%, バヌアツ:10.3%, ザンビア:10.2%, ケニア:10%, カメルーン:9.9%, マーシャル諸島:9.5%, レソト:9.1%, ジンバブエ:9%, 北朝鮮:8.9%, シリア:8.9%, ブルネイ:8.5%, ガイアナ:8.3%, ハイチ:8.3%, タジキスタン:7%, タイ:6.6%, ホンジュラス:6.3%, ルワンダ:6.3%, エジプト:6.2%, ウガンダ:6%, キリバス:5.8%, スリナム:5.7%, ガボン:5.4%, 赤道ギニア:5.2%, 南アフリカ:5.1%, アゼルバイジャン:4.9%, フィジー:4.9%, バルバドス:4.7%, サントメ・プリンシペ:4.7%, イラン:4.6%, サウジアラビア:4.5%, エルサルバドル:4.5%, ニカラグア:4.3%, エスワティニ:4.3%, エクアドル:4.2%, ベリーズ:4.1%, イラク:4%, トリニダード・トバゴ:3.8%, メキシコ:3.6%, モンテネグロ:3.6%, コロンビア:3.5%, ウクライナ:3.5%, サモア:3.4%, 日本:3.3%, コスタリカ:3.2%, セーシェル:3.2%, ジョージア:3.1%, ブルガリア:2.9%, ボリビア:2.9%, ナウル:2.9%, ルーマニア:2.9%, シンガポール:2.9%, レバノン:2.8%, ドミニカ共和国:2.6%, ヨルダン:2.6%, トルクメニスタン:2.6%, キューバ:2.5%, モロッコ:2.5%, パナマ:2.5%, アルジェリア:2.4%, ブラジル:2.2%, 中国:2.2%, モルドバ:2.2%, クウェート:2.1%, ツバル:2.1%, アルメニア:2%, カザフスタン:2%, ペルー:2%, チェコ:1.7%, モンゴル:1.7%, トルコ:1.7%, ウズベキスタン:1.7%, キルギス:1.6%, セントルシア:1.6%, ヨルダン西岸地区とガザ地区:1.6%, ボスニア・ヘルツェゴビナ:1.3%, チュニジア:1.3%, ウルグアイ:1.3%, アルバニア:1.2%, アルゼンチン:1.2%, ドイツ:1.2%, パラグアイ:1.2%, 北マケドニア:1.1%, ベラルーシ:1%, ジャマイカ:1%, オランダ:0.7%, エストニア:0.6%, 韓国:0.6%, タークス・カイコス諸島:0.6%, トンガ:0.5%, チリ:0.4%, セルビア:0.4%, アメリカ:0.3%

内部リンク

子供の成長
子供の低体重(5歳未満,全体比)子供の低体重(5歳未満,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
子供の低体重(5歳未満,女児,全体比)子供の過体重(5歳未満,女児,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間), 子供の過体重(5歳未満,男児,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間), 重度の衰弱(5歳未満,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間), 重度の衰弱(5歳未満,女児,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間), 重度の衰弱(5歳未満,男児,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間), 子供の低体重(5歳未満,女児,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
子供の低体重(5歳未満,男児,全体比)子供の低体重(5歳未満,男児,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
子供の発育阻害(5歳未満,全体比)子供の発育阻害(5歳未満,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
子供の発育阻害(5歳未満,女児,全体比)子供の発育阻害(5歳未満,女児,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
子供の発育阻害(5歳未満,男児,全体比)子供の発育阻害(5歳未満,男児,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
子供の衰弱(5歳未満,全体比)子供の衰弱(5歳未満,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
子供の衰弱(5歳未満,女児,全体比)子供の衰弱(5歳未満,女児,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
子供の衰弱(5歳未満,男児,全体比)子供の衰弱(5歳未満,男児,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
子供の過体重(5歳未満,全体比)子供の過体重(5歳未満,全体比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)

コメント

タイトルとURLをコピーしました