[2023]安全で管理された飲料水の供給(人口比,都市,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)

健康

安全で管理された飲料水の供給とは、都市や世界中の地域で、人々が健康に害を及ぼすリスクの少ない清潔な水を提供することです。水源の保護、適切な浄化施設の運営、定期的な検査・管理を通じて、高品質な飲料水を確保します。これにより、水関連病気のリスクが低減し、人々の健康と生活の質が向上します。

データ総合

グラフ

プレビューでG7を選択すると各国のデータが2000年から2020年まで全データを散布図で表示できます。G7の中で現在、安全で管理された飲料水の供給が最大となっているのはフランスの99.7%です。最も古い2000年では98.3%となっていました。最新の伸び率を計算すると0%程となります。一方、G7で全体の平均は2000年では97.4%でしたが、2020年では98.6%となっています。平均の伸び率を各年で計算すると、最も古い2000年の次の年は0%であり、現在は0.0489%に変化しています。(数値はすべて有効数字3桁)

プレビューでG7を選択すると各国のデータが2000年から2020年まで全データを散布図で表示できます。

同様に、G20を選択すると各国のデータが2000年から2020年まで全データを散布図で表せます。G20で現在2020年の安全で管理された飲料水の供給は最大がフランスの99.7%です。フランスは2000年のデータは0%でした。現在の伸び率を計算すると0%となります。一方、G20全体で2000年の平均は92.7%でしたが、現在は93.4%となっています。各年の平均の伸び率を計算すると、2000年の翌年は0.017%ですが、現在は-0.0271%と計算されます。

同様に、G20を選択すると各国のデータが2000年から2020年まで全データを散布図で表せます。

次に、世界各国を選択すると各国のデータを各年ごとに棒グラフで表示できます。見やすくするため、それぞれの年で値が高い順に7ヵ国の国だけを表示し、また、グラフ化の期間も限定しています。記録がある国だけで平均値などを計算すると、例えば2020年はデータの数は80となっています。そうして、各国の安全で管理された飲料水の供給を平均すると2000年は64.3%でした。現在は一国当りの平均が69.5%となっています。同様に中央値を計算すると2000年は68.1%、現在は76.1%になっています。また、各年の平均の伸び率を計算すると、2000年の次は0.119%でしたが、現在は0.152%になっています。

次に、世界各国を選択すると各国のデータを各年ごとに棒グラフで表示できます。

最後に、地域を選択するとそれぞれのデータの各年を棒グラフで表現できます。上と同様、見やすくするため表示数を制限しています。地域で現在安全で管理された飲料水の供給が最大であるのは北米の97.5%です。2000年では96.4%となっていました。各年の伸び率を計算すると、2000年の次の年は-0.0000224%でしたが、現在は0.0965%に変化しています。現在、次に大きいデータはヨーロッパと中央アジアの95.1%となっています。そこでの古いデータとして2000年では94%であった。同じように各年の伸び率を計算すると、2000の次の年は0.0633%でしたが、現在は0.0193%となっています。

最後に、地域を選択するとそれぞれのデータの各年を棒グラフで表現できます。

これまでの傾向

世界的に見ると、都市部では飲料水供給が比較的良好であり、人口比で高い水道普及率が実現されています。しかし、問題は以下の点です: 農村地域への供給不足: 都市部への供給は比較的充実しているものの、農村地域では安全な水へのアクセスが不足しており、健康への影響が大きい。 汚染と浄水施設の不足: 水源の汚染が問題となり、適切な浄水施設が不足している地域では、水質が悪くなり、水による病気が増加している。 水の不平等: 飲料水へのアクセスが経済的・地理的な要因によって不平等であり、貧困層や人口の多い途上国では問題が顕著。 水資源の持続可能性: 水源の持続可能な管理が必要で、過剰な水の取り過ぎや汚染が生態系に悪影響を及ぼしている。 これらの問題に対処するためには、浄水技術の改善、インフラの整備、教育・啓発活動の強化が必要です。国際的な協力も不可欠で、特に途上国への支援が重要です。

これからの予想

今後の展望では、飲料水供給の改善がさらに重要性を増すでしょう。都市化が進み、人口が増加する中で、以下の点が予想されます: 技術革新: 新たな浄水技術や水資源管理の方法が普及し、効率的な水供給が実現されるでしょう。 持続可能性: 持続可能な水資源管理がますます重要になり、環境への負荷を軽減するために取り組まれます。 地域差の縮小: 農村地域への飲料水供給改善に焦点が当てられ、都市と農村の間での差が縮小するでしょう。 国際協力: 国際的な連携が強化され、途上国への支援が増加し、水不足や汚染の問題に対処されます。 デジタル技術の活用: IoTやデータ分析を活用して、水資源の監視と効率的な配布が行われるでしょう。 総じて、持続可能な水供給が世界的に優先事項となり、人々の生活水準と健康を向上させる方向に進展すると予想されます。

データ参照元

世界銀行から各国の人口のデータをCSV, XML, EXCEL形式から選択して世界の全データが一度にダウンロードできます[1]。この記事のはこのサイトのデータを基にグラフや表を描画しています。ライセンスはCC BY 4.0で比較的自由に利用できます。データの参考元は以下のようにWHOやUNICEFなどのデータを参照しています。

WHO/UNICEF Joint Monitoring Programme ( JMP ) for Water Supply, Sanitation and Hygiene.[1][1]

水は、人、動物、植物に生命維持サービスを提供する生態系を維持するための最も重要な資源であると考えられています。安全な水への世界的なアクセスと適切な衛生教育は病気と病気による死亡を減らし、健康の改善、貧困の削減、社会経済の発展につながります。しかし、多くの国はこれらの基本的な必需品を国民に提供することに課題を抱えており、人々は水、衛生、衛生(WASH)関連の病気のリスクにさらされています。汚染された水は病気や死の主な原因であるため、水質は人間の貧困、教育、経済的機会の決定要因となります。適切な飲料水サービスへのアクセスの欠如は、特に子供の死亡や病気の一因となっています。汚染された水を飲むことによる水系の病気の伝播は、コレラや腸チフスなどの病気の重大な発生の原因となっており、下痢性疾患、ウイルス性 A 型肝炎、コレラ、赤腸、およびドラクンキュリア症 (ギニアワーム病) が含まれます。きれいな飲料水へのアクセスを改善することは、5 歳未満の死亡率と罹患率を減らす上で重要な要素であり、より高いレベルの飲料水サービスを確保することがより大きな効果をもたらすという証拠があります。女性と子供たちは毎年何百万時間を水汲みに費やしています。雑用により、他の重要な活動(学校に通う、子供の世話、経済活動への参加など)から時間をそらされてしまいます。敷地内で水が利用できず、水を汲む必要がある場合、女性と少女は男性や少年よりもほぼ 2.5 倍、家族の主な水を運ぶ人となる可能性が高くなります。多くの国際機関は、貧困、病気、死との闘いを前進させるための手段として、安全な飲料水と衛生的な衛生施設へのアクセスを利用しています。安全な飲料水へのアクセスは、すべての男性、女性、子供にとって特権ではなく人権であるとも考えられています。安全な飲料水サービスの経済的利点には、経済的生産性の向上、教育の増加、医療費の節約などが含まれます。

引用

[1] The World Bank – People using safely managed drinking water services, urban (% of urban population)

ライセンス

CC BY 4.0

まとめ(最新データ)

安全で管理された飲料水の供給(2020)

ジブラルタル:100%, 香港:100%, マカオ:100%, モナコ:100%, シンガポール:100%, スペイン:99.8%, ルクセンブルグ:99.8%, フランス:99.7%, イスラエル:99.4%, リトアニア:99.4%, オーストラリア:99%, チリ:98.8%, チェコ:98%, 高所得国(HICs):97.9%, アメリカ:97.5%, 北米:97.5%, トルクメニスタン:97.1%, ポルトガル:96.8%, アゼルバイジャン:96.3%, パラオ:96.3%, イラン:96.2%, 中国:95.1%, ヨーロッパと中央アジア:95.1%, ルーマニア:95%, ウルグアイ:94.6%, ハンガリー:94%, クロアチア:93.5%, スリランカ:93.4%, 東アジアと太平洋地域:92.8%, キルギス:91.9%, 高中所得国(UMICs):91.3%, モロッコ:90.8%, エスワティニ:88.8%, ウクライナ:88.8%, ブラジル:87.9%, モンテネグロ:87.4%, ウズベキスタン:86.2%, 世界:85.7%, 北マケドニア:84.6%, ジョージア:84.2%, チュニジア:84%, 中東および北アフリカ:83.3%, ボツワナ:83.1%, セルビア:81.6%, 南アフリカ:81.1%, ヨルダン西岸地区とガザ地区:81%, ラテンアメリカとカリブ海:80.6%, コロンビア:80.5%, コスタリカ:80.4%, レソト:77.8%, エルサルバドル:77.5%, 北朝鮮:77%, エクアドル:74.7%, ミャンマー:73.8%, アルジェリア:73.7%, パラグアイ:72.3%, ニカラグア:67.4%, ガンビア:66.9%, グアテマラ:65.5%, イラク:64.6%, ジンバブエ:64.6%, スリナム:63.5%, 低中所得国(LMICs):62.3%, フィリピン:61.8%, ガーナ:60.3%, ペルー:59.4%, コンゴ:58.7%, 低所得国(LICs):58.6%, ケニア:57.8%, カンボジア:57.2%, バヌアツ:56.6%, アフリカ南東部:54.9%, コートジボワール:54.5%, サハラ以南のアフリカ:53.5%, バングラデシュ:52.8%, トンガ:50.8%, ザンビア:50.5%, ツバル:50%, ブータン:49%, 紛争地域:48.4%, ルワンダ:45.6%, ウガンダ:42.9%, ギニアビサウ:41%, コンゴ民主共和国:40.5%, パキスタン:40.2%, サントメ・プリンシペ:40.2%, エチオピア:39.1%, モンゴル:38.6%, マダガスカル:38.2%, トーゴ:36.8%, アフガニスタン:36.4%, アフリカ中西部:32.9%, ラオス:27%, ナイジェリア:25.4%, ネパール:24.7%, キリバス:21.2%, チャド:17.4%, シエラレオネ:12.6%, 中央アフリカ共和国:11.6%

内部リンク

飲料水の供給
基本的な飲料水の供給(人口比)基本的な飲料水の供給(人口比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
基本的な飲料水の供給(人口比,田舎)基本的な飲料水の供給(人口比,田舎,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
基本的な飲料水の供給(人口比,都市)基本的な飲料水の供給(人口比,都市,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
安全で管理された飲料水の供給(人口比)安全で管理された飲料水の供給(人口比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
安全で管理された飲料水の供給(人口比,田舎)安全で管理された飲料水の供給(人口比,田舎,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
安全で管理された飲料水の供給(人口比,都市)安全で管理された飲料水の供給(人口比,都市,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)

コメント

タイトルとURLをコピーしました