[2023]主要都市におけるタクシー代の小売り価格のデータ一覧とグラフ(月間)

経済

主要都市におけるタクシー代の小売り価格は、通常、以下の要因に基づいて設定されます:距離、時間、地域、サービス品質、および需要供給のバランス。一般的に、初乗り運賃と距離や時間に応じた追加料金が含まれています。距離ベースの料金は、乗車距離に応じて計算され、時間ベースの料金は渋滞や待ち時間に関連しています。地域や都市によって価格が異なることがあり、都市内や都市間でのタクシー利用のために異なるタクシー会社が存在することもあります。また、特別なサービスや車種によって価格が変動することもあります。したがって、具体的な価格は都市や地域、タクシー会社、サービスによって異なります。

データ総合

グラフ

プレビューでデータ1を選択するとそれぞれのデータが2001年2月から2023年9月まで全データを散布図で表示できます。データ1の中で現在、タクシー代が最大としているのはタクシー代(初乗距離,m)の2000円です。最も古い2001年2月では2000円となっていました。このデータの全期間の最小は2000円、最大は2000円、平均は2000円となっています。(数値はすべて有効数字3桁)

プレビューでデータ1を選択するとそれぞれのデータが2001年2月から2023年9月まで全データを散布図で表示できます。

これまでの傾向

主要都市におけるタクシー代の傾向と問題点は次のように要約できます。過去の傾向では、タクシー代は都市や国によって異なり、通勤時間帯や特別イベント時に上昇することが一般的でした。また、デジタル配車アプリの台頭により、価格競争が激化し、タクシー業界に変革が生じました。一方で、問題点としては、高額な初乗り運賃や追加料金が消費者にとって負担となり、過剰な料金請求や運転手の信頼性の問題も発生しています。また、環境への影響も懸念され、エコフレンドリーなオプションが求められています。将来的な課題は、公共交通機関やライドシェアとの調和、価格透明性、そして環境への負荷を軽減する方法を見つけることです。

これからの予想

今後のタクシー代の展望には、以下の要因が影響を与えると予想されます。まず、電動タクシーの導入が増え、環境への配慮が高まるでしょう。また、ライドシェアサービスとの競争が続き、価格競争が続くと思われます。さらに、デジタル決済や料金透明性の向上により、利用者にとって使いやすくなるでしょう。しかし、労働条件や運転手の収入に関する問題も浮き彫りになるかもしれません。都市や国によって規制が異なるため、価格の一貫性は難しい課題です。総じて、将来のタクシー代には技術の進化、環境への配慮、競争の激化、規制の変化が影響を与え、利用者と運転手の双方に影響を及ぼすでしょう。

データ参照元

統計局統計調査部の消費統計課物価統計室が調査した結果を政府統計の総合窓口からダウンロードしています[1]。引用元を明らかにすることで商用であっても2次利用できます。データは2000年1月から毎月のデータが公表されており、主要都市ごとの物価の価格や代表の値がそれぞれデータ化されています。

 小売物価統計調査は、消費者物価指数やその他物価に関する基礎資料を得ることを目的とした調査です。毎月、全国的規模で国民の消費生活上重要な財の小売価格、サービスの料金及び家賃を、店舗及び世帯を対象に調査しています。調査結果は、年金等の給付見直しの際の基礎資料や、公共料金の上限値を決める際の資料として、幅広く利用されています。  調査は、物価の動向を把握するための動向編と、地域別の物価の構造を把握するための構造編で構成されています

引用

[1] 政府統計の総合窓口 – 小売物価統計

ライセンス

CC BY 4.0

まとめ(最新データ)

タクシー代(2023/9)

タクシー代(初乗距離,m):2000円, タクシー代(初乗距離A,m):2000円, タクシー代(4km,1回):1700円, タクシー代(初乗運賃A,1回):730円, タクシー代(初乗運賃,1回):710円, タクシー代(加算距離,m):288円, タクシー代(加算距離A,m):280円, タクシー代(加算運賃,1回):90円, タクシー代(加算運賃A,1回):90円

内部リンク

主要都市における交通費用
主要都市におけるタクシー代主要都市におけるタクシー代の小売り価格のデータ一覧とグラフ(月間)
主要都市におけるバス運賃主要都市におけるバス代の小売り価格のデータ一覧とグラフ(月間)
主要都市における運送料・郵便料主要都市における運送料・郵便料の小売り価格のデータ一覧とグラフ(月間)
主要都市における鉄道運賃主要都市における鉄道運賃の小売り価格のデータ一覧とグラフ(月間)

コメント

タイトルとURLをコピーしました