[2023]主要都市における運送料・郵便料の小売り価格のデータ一覧とグラフ(月間)

経済

主要都市における運送料・郵便料の小売り価格は、郵便サービスや運送業者によって提供され、一般的に重量、サイズ、送り先の距離、配達速度、配送オプションに基づいて設定されます。一般的なサービスには、手紙、小包、宅配便などが含まれ、料金はこれらの要因によって異なります。急ぎの郵便や国際郵便など、特別なサービスは通常追加料金がかかります。また、一般的に重たい荷物や長い距離の送付は高い費用が発生します。オンラインショッピングの増加に伴い、宅配便の需要が増えており、競争も激化しています。これらの価格は国や都市によって異なり、競争状況やサービス品質に影響を受けます。

データ総合

グラフ

プレビューでデータ1を選択するとそれぞれのデータが2009年3月から2014年12月まで全データを散布図で表示できます。データ1の中で現在、運送料が最大としているのは運送料(宅配便,1個)の872円です。最も古い2009年3月では850円となっていました。このデータの全期間の最小は820円、最大は872円、平均は846円となっています。(数値はすべて有効数字3桁)

プレビューでデータ1を選択するとそれぞれのデータが2009年3月から2014年12月まで全データを散布図で表示できます。

これまでの傾向

主要都市における運送料・郵便料の傾向は、過去数年にわたりデジタル化と競争の増加が目立ちます。デジタル化により、オンラインショッピングと電子メールの普及が高まり、手紙の送付が減少しています。これに伴い、郵便業界は郵便料金の調整とコスト削減に直面しています。競争が激化したため、低価格の宅配便サービスが増加し、消費者にとっては選択肢が増えました。しかし、問題点として、急な料金変更や配達の遅延が時折発生し、不満が生じています。また、環境への負荷も懸念され、持続可能な配達オプションが求められています。将来の展望では、効率的なロジスティクスと環境への配慮が重要となり、価格の透明性と品質向上が焦点となるでしょう。また、新たな技術の導入や需要の変化に対応する柔軟性も求められます。

これからの予想

主要都市における運送料・郵便料の今後の展望では、以下の要因が予想されます。デジタル化の進展により、手紙の送付は縮小傾向が続き、パーセル(小包)の需要が増加するでしょう。競争が激化し、低価格と高品質のサービスが求められます。また、環境への配慮が高まり、エコフレンドリーな配送オプションの提供が増えるでしょう。価格の透明性が向上し、顧客にとって使いやすくなる一方、価格競争による業界再編が進むかもしれません。郵便業界はテクノロジーと顧客ニーズの変化に柔軟に対応し、効率的な配送と持続可能性を重視する必要があります。

データ参照元

統計局統計調査部の消費統計課物価統計室が調査した結果を政府統計の総合窓口からダウンロードしています[1]。引用元を明らかにすることで商用であっても2次利用できます。データは2000年1月から毎月のデータが公表されており、主要都市ごとの物価の価格や代表の値がそれぞれデータ化されています。

 小売物価統計調査は、消費者物価指数やその他物価に関する基礎資料を得ることを目的とした調査です。毎月、全国的規模で国民の消費生活上重要な財の小売価格、サービスの料金及び家賃を、店舗及び世帯を対象に調査しています。調査結果は、年金等の給付見直しの際の基礎資料や、公共料金の上限値を決める際の資料として、幅広く利用されています。  調査は、物価の動向を把握するための動向編と、地域別の物価の構造を把握するための構造編で構成されています

引用

[1] 政府統計の総合窓口 – 小売物価統計

ライセンス

CC BY 4.0

まとめ(最新データ)

運送料(2014/12)

運送料(宅配便,1個):872円

内部リンク

主要都市における交通費用
主要都市におけるタクシー代主要都市におけるタクシー代の小売り価格のデータ一覧とグラフ(月間)
主要都市におけるバス運賃主要都市におけるバス代の小売り価格のデータ一覧とグラフ(月間)
主要都市における運送料・郵便料主要都市における運送料・郵便料の小売り価格のデータ一覧とグラフ(月間)
主要都市における鉄道運賃主要都市における鉄道運賃の小売り価格のデータ一覧とグラフ(月間)

コメント

タイトルとURLをコピーしました