[2023]事業・内職収入(農林漁業収入を含む,2020年~,家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)

経済

事業・内職収入(農林漁業収入を含む, 2020年~, 家計調査)は、家計調査において収集される収入のカテゴリーで、以下の要素を含みます: 事業収入:個人または家族が事業を運営して収益を得る場合に発生する収入です。これには、小売店、レストラン、製造業、サービス業などの事業からの収入が含まれます。 内職収入:家庭内で行われる仕事や副業から得られる収入を指します。たとえば、手工芸品の製作、フリーランスのライター、デザイナー、プログラマーなどが該当します。 農林漁業収入:農業、林業、漁業に従事する家族や個人が、これらの活動から得る収入を指します。農産物の収穫、木材の生産、魚の漁獲などが含まれます。 これらの収入は、家計の経済的な状態を評価し、所得分布や経済トレンドを分析するのに役立ちます。また、政府や経済学者にとっても、事業・内職収入(農林漁業収入を含む)のデータは経済政策の策定や労働市場の理解に重要な情報源となります。

データ総合

グラフ

プレビューで年齢別を選択すると二人以上の世帯のうち勤労者世帯(2000年〜)のデータが2020年1月年から2023年7月年まで全データを散布図で表示できます。ここでのデータで最大となっているのは堺市で2023年4月の5.04万です。堺市が最小となった月は2021年8月で値は150となります。最新の値は1.29万で伸び率を計算すると-59.4%です。(数値はすべて有効数字3桁)

プレビューで年齢別を選択すると二人以上の世帯のうち勤労者世帯(2000年〜)のデータが2020年1月年から2023年7月年まで全データを散布図で表示できます。

これまでの傾向

傾向: 農林漁業の多様性: 農林漁業は多様な分野で行われ、農産物、林産物、漁業製品の生産や販売が行われています。 地域差の存在: 農林漁業の収入は地域によって大きく異なり、農村地域では一般的であり、都市部では限られた数の人々によって行われています。 農業の技術革新: 農業においても技術の進歩が見られ、効率的な生産が可能になっています。 問題点: 収入の不安定性: 天候や市場価格の変動に左右されるため、農林漁業収入は不安定であり、一年から他年まで大きく変動することがある。 若者の農業離れ: 若者が農業・漁業を選ぶことが減少し、高齢化が進行している。 持続可能性への課題: 環境への影響や資源の過剰利用による持続可能性への懸念がある。 これらの問題に対処するためには、農林漁業の多様性を促進し、農業の技術革新を支援する政策が必要です。また、若者への農業・漁業への関心喚起や持続可能な農業実践の推進が重要です。

これからの予想

持続可能な農業の増加: 環境への配慮が高まり、持続可能な農業実践が増加するでしょう。有機農業や地産地消の重要性が高まります。 技術の導入: 農業や漁業において、新たな技術やデジタルツールの導入が進み、生産性が向上します。 農村地域への新たな収益源: リモートワークや観光業の成長により、農村地域での事業・内職収入が多様化し、地域経済に貢献するでしょう。 高齢者支援: 高齢者農業者や漁師の支援が増加し、彼らの収入安定と業界の持続性が向上するでしょう。 総括すると、持続可能性、技術の進歩、地域経済への貢献が事業・内職収入の将来に関連する重要な要素となります。農業や漁業の分野において、新たな機会が開かれ、多くの人々にとって魅力的な収入源となるでしょう。

データ表

データ参照元

家計調査は、統計理論に基づき選定された全国約9千世帯を対象として、家計の収入・支出、貯蓄・負債などを毎月調査しています。データはすべて政府統計の総合窓口からダウンロードできます。家計調査の結果は、日本の景気動向の把握、生活保護基準の検討などの基礎資料として利用のほか、地方公共団体、民間の会社などでも利用されています。二人以上の世帯の結果は、主に、地域・世帯属性ごとに1世帯当たり1か月間の収支金額にまとめ毎月公表、単身世帯及び総世帯の家計収支に関する結果並びに二人以上の世帯の貯蓄・負債に関する結果を四半期ごとに公表されています。

引用

[1] 政府統計の総合窓口 – 家計調査    [2] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第32週(8月7日~8月13日)    [3] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第31週(7月31日~8月6日)    [4] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第30週(7月24日~7月30日)    [5] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第29週(7月17日~7月23日)    [6] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第28週(7月10日~7月16日)    [7] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第27週(7月3日~7月9日)    [8] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第26週(6月26日~7月2日)    [9] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第25週(6月19日~6月25日)    [10] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第24週(6月12日~6月18日)    [11] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第23週(6月5日~6月11日)    [12] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第22週(5月29日~6月4日)    [13] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第21週(5月22日~5月28日)    [14] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第20週(5月15日~5月21日)    [15] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第19週(5月8日~5月14日)    [16] 厚生労働省ホームページ – データからわかる-新型コロナウイルス感染症情報-

ライセンス

CC BY 4.0

まとめ(最新データ)

内部リンク

家計調査(収入)
世帯主の配偶者の収入世帯主の配偶者の収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
世帯主の配偶者の収入(女)他の特別収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 他の経常収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 公的年金給付(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 内職収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 分割払購入借入金(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 勤め先収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 受取(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 受贈金(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 定期収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 実収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 世帯主の配偶者の収入(女,家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
世帯主収入実収入以外の受取(繰入金を除く,家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 実収入以外の受取のその他(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 家賃収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 有価証券売却(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 特別収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 社会保障給付(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 経常収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 臨時収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 臨時収入・賞与(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 財産収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 世帯主収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
世帯主収入(男)財産売却(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 賞与(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 農林漁業収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 預貯金引出(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 事業・内職収入(農林漁業収入を含む,2020年~,家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 事業・内職収入(農林漁業収入を除く,~2019年,家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 他の事業収入(農林漁業収入を含む,2020年~,家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 他の事業収入(農林漁業収入を除く,~2019年,家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間), 世帯主収入(男,家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
事業・内職収入(農林漁業収入を含む)(2020年~)
事業・内職収入(農林漁業収入を除く)(~2019年)
仕送り金(収入)仕送り金(収入,家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
他の世帯員収入他の世帯員収入(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
他の事業収入(農林漁業収入を含む)(2020年~)
他の事業収入(農林漁業収入を除く)(~2019年)

コメント

タイトルとURLをコピーしました