[2023]他の保険金(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)

経済

「他の保険金(家計調査)」は、家計調査において収集される収入の一部を指します。これは、特定の保険によって支払われる金額を表します。たとえば、生命保険、医療保険、自動車保険、家庭保険、失業保険などが含まれます。 これらの保険金は、保険契約者が保険料を支払い、特定の状況やリスクが発生した場合に受け取ることができる金額です。たとえば、医療保険では医療費の一部がカバーされ、自動車保険では事故時の修理費用がカバーされることがあります。これらの支出や受け取りが、個人や家計の収支に影響を与えるため、家計調査では記録されます。 他の保険金は、個人や家庭の経済的な安定とリスク管理に役立つ情報として収集され、政府や保険業界、研究者によって分析されます。

データ総合

グラフ

プレビューで年齢別を選択すると二人以上の世帯のうち勤労者世帯(農林漁家世帯を除く)のデータが2000年1月年から2023年7月年まで全データを散布図で表示できます。ここでのデータで最大となっているのは川崎市で2023年7月の17.8万です。川崎市が最小となった月は2011年3月で値は548となります。最新の値は17.8万で伸び率を計算すると913%です。(数値はすべて有効数字3桁)

プレビューで年齢別を選択すると二人以上の世帯のうち勤労者世帯(農林漁家世帯を除く)のデータが2000年1月年から2023年7月年まで全データを散布図で表示できます。

同様に、入院を選択すると二人以上の世帯のうち勤労者世帯(2000年〜)のデータが1990年1月年から2017年12月年まで散布図で表示します。データが最大となっているのは全国で2015年4月の1.03万円です。全国が最小となった月は2014年11月で値は84円です。最新の値は2540円で伸び率を計算すると-7.54%です。

同様に、入院を選択すると二人以上の世帯のうち勤労者世帯(2000年〜)のデータが1990年1月年から2017年12月年まで散布図で表示します。

これまでの傾向

他の保険金(家計調査)のこれまでの傾向や問題点は以下のようにまとめられます: 傾向: 高額保険料:一部の保険商品は高額な保険料を要求し、家計に負担をかけている。 保険商品の多様化:市場には多くの種類の保険があり、選択肢が多すぎて適切な選択が難しい。 貯蓄への影響:高額な保険料支払いが貯蓄に回らず、将来の経済的安定に影響を及ぼすことがある。 問題点: 販売プレッシャー:保険業界からの強い販売プレッシャーや誤った情報が消費者に与えられ、誤った保険商品が選ばれることがある。 保険金の不正請求:一部の人が不正な保険金請求を行い、保険会社と消費者の信頼を損なうことがある。 データの信頼性:家計調査のデータ収集方法に関して信頼性の問題があり、正確な情報が得られないことがある。 これらの傾向と問題点を考慮して、保険商品を選び、契約する際には注意が必要です。信頼性のある情報を元に、自身や家計に合った保険商品を選ぶことが大切です。

これからの予想

デジタル化とテクノロジーの活用:保険業界はデジタル化とテクノロジーの導入に注力し、保険契約の簡素化、オンライン提供、AIを活用したカスタマーサポートの向上が期待されています。 カスタマイズと柔軟性:将来の保険商品は、消費者のニーズに合わせたカスタマイズが容易であり、保険料の支払いに柔軟性があるものが増えるでしょう。 持続可能性と健康への焦点:環境への意識が高まり、持続可能な保険商品が注目され、健康に関連する保険が増加する可能性があります。 データの重要性:データ分析が進化し、より正確なプレミアム設定とリスク評価が可能になるため、消費者にとっては公平でリーズナブルな保険料が期待されます。 言語と文化に対応:多文化社会での保険ニーズが増える中、言語や文化に適した情報提供とサービスが重要視されるでしょう。 これらの展望に従って、将来の保険商品はより透明性が高まり、消費者にとって選びやすくなると予想されます。しかし、保険選択においても慎重な検討が必要であり、適切な保険商品を選ぶ際にアドバイスを受けることが重要です。

データ表

データ参照元

家計調査は、統計理論に基づき選定された全国約9千世帯を対象として、家計の収入・支出、貯蓄・負債などを毎月調査しています。データはすべて政府統計の総合窓口からダウンロードできます。家計調査の結果は、日本の景気動向の把握、生活保護基準の検討などの基礎資料として利用のほか、地方公共団体、民間の会社などでも利用されています。二人以上の世帯の結果は、主に、地域・世帯属性ごとに1世帯当たり1か月間の収支金額にまとめ毎月公表、単身世帯及び総世帯の家計収支に関する結果並びに二人以上の世帯の貯蓄・負債に関する結果を四半期ごとに公表されています。

引用

[1] 政府統計の総合窓口 – 家計調査    [2] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第32週(8月7日~8月13日)    [3] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第31週(7月31日~8月6日)    [4] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第30週(7月24日~7月30日)    [5] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第29週(7月17日~7月23日)    [6] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第28週(7月10日~7月16日)    [7] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第27週(7月3日~7月9日)    [8] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第26週(6月26日~7月2日)    [9] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第25週(6月19日~6月25日)    [10] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第24週(6月12日~6月18日)    [11] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第23週(6月5日~6月11日)    [12] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第22週(5月29日~6月4日)    [13] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第21週(5月22日~5月28日)    [14] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第20週(5月15日~5月21日)    [15] 国立感染症研究所ホームページ – 2023年第19週(5月8日~5月14日)    [16] 厚生労働省ホームページ – データからわかる-新型コロナウイルス感染症情報-

ライセンス

CC BY 4.0

まとめ(最新データ)

二人以上の世帯のうち勤労者世帯(農林漁家世帯を除く)(2017/12)

全国:2540円

内部リンク

家計調査(保険医療)
他の保険金他の保険金(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
他の社会保障給付他の社会保障給付(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
保健医療保健医療(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
保健医療サービス保健医療サービス(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
保健医療用品・器具保健医療用品・器具(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
保険金保険金(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
個人・企業年金保険金個人・企業年金保険金(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
健康保持用摂取品健康保持用摂取品(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)
医薬品医薬品(家計調査)のデータ一覧とグラフ(月間)

コメント

タイトルとURLをコピーしました