[2023]債務返済総額(国民総所得比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)

経済

債務返済総額(国民総所得比)とは、特定の国が持つ債務(借金)をその国の国民総所得に対してどれだけの割合で返済しているかを示す指標です。この比率は、国の経済の健全性や持続可能性を評価するための重要な情報源となります。高い割合は財政的な負担を示し、低い割合は国の経済が債務を返済する余裕を持っていることを示します。世界各国で異なる比率が見られ、経済の安定性を評価する際の参考とされています。

データ総合

グラフ

同様に、G20を選択すると各国のデータが1970年から2021年まで全データを散布図で表せます。G20で現在2021年の債務返済総額は最大がブラジルの9.69%です。ブラジルは1970年のデータは7.59%でした。現在の伸び率を計算すると7.59%となります。一方、G20全体で1970年の平均は2.4%でしたが、現在は5.82%となっています。各年の平均の伸び率を計算すると、1970年の翌年は-8.05%ですが、現在は-17%と計算されます。

同様に、G20を選択すると各国のデータが1970年から2021年まで全データを散布図で表せます。

次に、世界各国を選択すると各国のデータを各年ごとに棒グラフで表示できます。見やすくするため、それぞれの年で値が高い順に7ヵ国の国だけを表示し、また、グラフ化の期間も限定しています。記録がある国だけで平均値などを計算すると、例えば2021年はデータの数は115となっています。そうして、各国の債務返済総額を平均すると1970年は2.54%でした。現在は一国当りの平均が6.03%となっています。同様に中央値を計算すると1970年は2.01%、現在は3.72%になっています。また、各年の平均の伸び率を計算すると、1970年の次は2.71%でしたが、現在は2.58%になっています。

次に、世界各国を選択すると各国のデータを各年ごとに棒グラフで表示できます。

最後に、地域を選択するとそれぞれのデータの各年を棒グラフで表現できます。上と同様、見やすくするため表示数を制限しています。地域で現在債務返済総額が最大であるのは中央ヨーロッパおよびバルト諸国の10.6%です。1981年では0.347%となっていました。各年の伸び率を計算すると、1981年の次の年は139%でしたが、現在は47.6%に変化しています。現在、次に大きいデータはラテンアメリカとカリブ海の7.26%となっています。そこでの古いデータとして1970年では3.43%であった。同じように各年の伸び率を計算すると、1970の次の年は-7.42%でしたが、現在は-5.9%となっています。

最後に、地域を選択するとそれぞれのデータの各年を棒グラフで表現できます。

これまでの傾向

傾向: 債務の増加:多くの国で債務が増加し、GDPに対する割合が高まっています。 利子支払い:高金利の国では利子支払いが増加し、財政に圧迫をかけています。 為替リスク:外貨建て債務を持つ国は為替変動のリスクを抱えています。 債務トラップ:一部国は借金の返済に苦しみ、経済成長が阻害されています。 問題点: 財政持続性:高い債務比率は財政持続性に疑念を投げかけ、将来の経済安定性に影響を与える可能性があります。 社会的影響:債務返済に割かれる資源が社会福祉や教育などの公共サービスから削減される可能性があり、市民に悪影響を及ぼすことがあります。 対策の必要性:適切な債務管理と経済政策の必要性が高まり、国際的な支援やリフォームが求められています。 これらの問題点に対処するためには、持続可能な財政政策の策定と実行、借金の透明性と管理の向上、経済成長の促進が必要です。

これからの予想

今後の債務返済総額については以下の展望が考えられます: 国別の違い: 債務返済は国によって異なり、経済状況や政策によって大きく変動します。一部の国は債務削減に成功する一方、他の国は増加し続ける可能性があります。 利子率の影響: 金利の変動は返済額に大きな影響を及ぼします。低金利環境では負担が軽減され、高金利では逆に増加します。 経済成長: 経済成長が持続すれば、国民総所得が増え、債務比率が改善する可能性があります。 国際的支援: 国際機関や他国の支援に依存する国々もあり、外部の援助や債務再編の影響を受けるでしょう。 リスク管理: 国々はリスク管理を強化し、持続可能な財政政策を追求する必要があります。 総じて、債務返済総額の展望は国や地域に依存し、経済状況や政策の変化に影響を受けます。持続可能な債務管理と経済成長の促進が重要です。

データ参照元

世界銀行から各国の人口のデータをCSV, XML, EXCEL形式から選択して世界の全データが一度にダウンロードできます[1]。この記事のはこのサイトのデータを基にグラフや表を描画しています。ライセンスはCC BY 4.0で比較的自由に利用できます。データの参考元は以下のようにOECDのデータを参照しています。

World Bank national accounts data, and OECD National Accounts data files.[1]

購入価格を基にしたGDPは、すべての居住生産者によって得られた総生産額と税を合計し、製品に含まれない補助金を差し引くことで得られます。また、加工品の減価償却や天然資源の喪失や劣化は控除せずに計算します。GDPのドル数値は、単年度の公式為替レートを使用して各国の通貨から換算されています。公式の為替レートが実際の外国為替取引と隔離がある場合、別のデータを使用して計算されます。

支出面から見た国内総生産(GDP)は、家計最終消費支出、一般政府最終消費支出、総資本形成(民間および公的固定資産投資、在庫変動、有価物の純取得)、純資本形成で構成されます。商品およびサービスの輸出(輸出から輸入を差し引いたもの)。このような支出は購入者の価格に記録され、製品に対する純税が含まれます。

統計局

参考データの元として各国の統計局の公表値が重要となります。例として、G7の統計局のGDPに関するアクセス先を下記に列挙します。

引用

[1] The World Bank – Total debt service (% of GNI)

ライセンス

CC BY 4.0

まとめ(最新データ)

債務返済総額(2021)

モザンビーク:47%, レバノン:33.8%, ベリーズ:25.7%, モーリシャス:24.2%, モンテネグロ:23.6%, エルサルバドル:21.2%, モンゴル:19.7%, アンゴラ:18.9%, カザフスタン:17.9%, パプアニューギニア:16.1%, モルディブ:15.5%, ジョージア:15.5%, アルメニア:15.3%, レソト:12.1%, 北マケドニア:11.4%, 中央ヨーロッパおよびバルト諸国:10.6%, ニカラグア:10.4%, ブラジル:9.69%, ジャマイカ:9.55%, チュニジア:9.52%, セルビア:9.33%, スーダン:9.13%, トルコ:9.09%, カンボジア:8.58%, コロンビア:8.11%, ザンビア:8%, ルワンダ:7.45%, ウクライナ:7.43%, ブルガリア:7.27%, ラテンアメリカとカリブ海:7.26%, キルギス:7.03%, ガボン:6.74%, ヨルダン:6.61%, ウズベキスタン:6.58%, セネガル:6.53%, 南アフリカ:6.49%, ベラルーシ:6.47%, インドネシア:6.33%, エクアドル:6.32%, ボスニア・ヘルツェゴビナ:6.26%, メキシコ:6.25%, アフリカ南東部:6.04%, ベトナム:5.75%, ロシア:5.63%, スリランカ:5.47%, アルゼンチン:5.43%, コスタリカ:5.09%, モルドバ:5.05%, アルバニア:5.01%, グレナダ:4.98%, ブータン:4.97%, タジキスタン:4.84%, モロッコ:4.63%, トルクメニスタン:4.62%, サハラ以南のアフリカ:4.56%, ホンジュラス:4.55%, エジプト:4.54%, コソボ:4.25%, 紛争地域:4.24%, ベナン:4.24%, モーリタニア:4.21%, ガーナ:4.19%, ラオス:4.07%, 低所得国(LICs):4.03%, ボリビア:3.74%, 開発途上国(LDC):3.72%, タイ:3.72%, ドミニカ共和国:3.71%, 高中所得国(UMICs):3.7%, アゼルバイジャン:3.69%, ミャンマー:3.66%, セントビンセント・グレナディーン:3.65%, コンゴ:3.63%, パキスタン:3.59%, 低・中所得国(L&MICs):3.54%, 中所得国(MICs):3.53%, ドミニカ国:3.51%, アラブ世界:3.32%, パラグアイ:3.16%, フィリピン:3%, カメルーン:2.98%, 低中所得国(LMICs):2.92%, ギニアビサウ:2.86%, タンザニア:2.83%, セントルシア:2.74%, ブルキナファソ:2.65%, アフリカ中西部:2.65%, カーボベルデ:2.62%, ペルー:2.55%, コートジボワール:2.5%, シエラレオネ:2.5%, ケニア:2.28%, ジンバブエ:2.11%, イラク:2.04%, トーゴ:2.03%, ナイジェリア:2.02%, 中国:1.91%, ウガンダ:1.89%, サモア:1.89%, ガンビア:1.86%, グアテマラ:1.84%, 南アジア:1.82%, エチオピア:1.81%, リベリア:1.77%, ジブチ:1.61%, バヌアツ:1.6%, マリ:1.59%, インド:1.58%, エスワティニ:1.5%, ニジェール:1.47%, ガイアナ:1.44%, チャド:1.4%, バングラデシュ:1.3%, 太平洋諸島の小国:1.23%, フィジー:1.22%, ギニア:1.19%, マダガスカル:1.19%, エリトリア:1.09%, ブルンジ:1.07%, ボツワナ:0.911%, マラウイ:0.901%, ソロモン諸島:0.82%, ネパール:0.755%, トンガ:0.713%, コンゴ民主共和国:0.681%, 中央アフリカ共和国:0.653%, イエメン:0.516%, 東ティモール:0.511%, サントメ・プリンシペ:0.491%, コモロ:0.399%, ソマリア:0.23%, アフガニスタン:0.178%, ハイチ:0.121%, アルジェリア:0.12%, イラン:0.0956%, シリア:0.0118%

内部リンク

負債
政府債務(GDP比)政府債務(GDP比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
債務返済総額(国民総所得比)債務返済総額(国民総所得比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
国際通貨基金(累積残高)国際通貨基金(累積残高,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
対外債務残高(国民総所得比)対外債務残高(国民総所得比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
対外債務残高(米ドル)対外債務残高(米ドル,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
政府・政府保証債務(国民総所得比)政府・政府保証債務(国民総所得比,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)
準備金の総額(金を含む)準備金の総額(金を含む,世界各国)のデータ一覧とグラフ(年間)

コメント

タイトルとURLをコピーしました